« ベルベット・ゴールドマイン 2004,1,10 | トップページ | 王立宇宙軍 オネアミスの翼 2004,1,18 »

みなさん、さようなら 2004,1,16

sayo 原題:Les Invasions barbares
邦題:みなさん、さようなら
時間:99分
公開:2004/04
製作年度:2003
製作国:カナダ
配給:コムストック、テレビ東京、博報堂
監督:ドゥニ・アルカン
脚本:ドゥニ・アルカン
製作:ドゥニーズ・ロベール、ダニエル・ルイ
出演:レミ・ジラール、ステファン・ルソー、マリー=ジョゼ・クローズ、マリナ・ハンズ、ドロテ・ベリマン、ジョアンヌ=マリー・トランブレイ、ピエール・キュルジ、イヴ・ジャック

持つべきものは、金持ちの息子と、根にもたないタイプのオプチミストな愛人たち。そしてなにより、傍若無人な傲慢な性格。最後のポイントが一番大事みたい。それから、グレた非合法に顔のある親戚。これまで観た映画のなかで、一番、幸せな死に方を見せてもらったかも。映画が、エンタテイメントであるならば、スクリーンの中で死ぬ人たちは、映画の数だけあるでしょう?で、死に方の描き方に「死ぬ意味」を<無意味な死>として、アンチテーゼのように、偏執的に表現してきたのがゴダールだと思うの。「気狂いピエロ」の爆死や、「勝手にしやがれ」の走行死とかね。で、そんな、理屈っぽい死の描き方をニヤリと笑いながら全面否定したのが、アルカン監督かもね。フランス語の怨念かも。ラスト間際に、ケベックのフランス文化をシニカルに笑い飛ばすシーンがあったけど、多分、彼らはゴダール世代のまんまんなか。ルーツのフランスがマオ革命に傾倒して混乱して、世界のうるさがたになっている間に、ケベックの息子たちは、ロンドンで富豪になってるっていうオチ。カジュアルな心情サヨクの父親が、キャピタリズムの権化の恩恵で、史上最高の往生を遂げる、なんともステキな映画でした。

|

« ベルベット・ゴールドマイン 2004,1,10 | トップページ | 王立宇宙軍 オネアミスの翼 2004,1,18 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7331959

この記事へのトラックバック一覧です: みなさん、さようなら 2004,1,16 :

« ベルベット・ゴールドマイン 2004,1,10 | トップページ | 王立宇宙軍 オネアミスの翼 2004,1,18 »