« ハウルの動く城 2004,10,15 | トップページ | SAMURAI 2004,10,19 »

オペラ座の怪人 2004,10,18

t-phantomoftheopera 原題:The Phantom of the Opera
邦題:オペラ座の怪人
時間:143分
公開:2005/01
製作年度:2004
製作国:アメリカ
配給:GAGA
監督:ジョエル・シュマッカー
脚本:アンドリュー・ロイド=ウェバー
原作:アンドリュー・ロイド=ウェバー
音楽:アンドリュー・ロイド=ウェバー
製作:アンドリュー・ロイド=ウェバー
出演:ジェラルド・バトラー/エミー・ロッサム

劇団四季の舞台を見て大好きになった作品。もちろんロンドンオリジナルキャストのサントラ(?)も買って、毎日のように聞いていたの。だから、映画の中で行われることは全部熟知してる、っていう前提。あとは映画的に舞台の空間をどうやって表現しているのかな、出演者はどうなのかなっていう興味よね。で、映像は頑張ってたって思う。必要以上に華美な装飾がされたオリジナル舞台の象徴的ゴージャス感を残しながら、映画として必要な空間の広がりを作ってた。ストーリーが舞台を超えられないから、限界はあったけどね。問題はキャスト。ガチンコで歌をうたえる俳優選びをしたっていうことだけど、それが良かったのかって疑問。わたしとしてはもっと「いるだけでオーラのある」存在感のあるメジャーな俳優をキャスティングしてほしかった。歌えるのを前提にしちゃうと、やっぱりね、こういう「よく知らない」人たちの右往左往になっちゃんだもの。「マイ・フェア・レディ」のオードリーでいいんだもの。吹き替えで。ジュリー・アンドリュースが「サウンド・オブ・ミュージック」で歌えたのは、カリスマな美人である必要がなかったから。カリスマ的なディーバ、ミューズの配役は、ビジュアルと存在感を中心に選んで欲しかったな、っていうのがこの映画がB級になっちゃう唯一の理由ね。

|

« ハウルの動く城 2004,10,15 | トップページ | SAMURAI 2004,10,19 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7374101

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ座の怪人 2004,10,18 :

« ハウルの動く城 2004,10,15 | トップページ | SAMURAI 2004,10,19 »