« 天使の肌 2003,10,5 | トップページ | ブルドッグ 2003,10,6 »

スイミング・プール 2003,10,6

spool 原題:SWIMMING POOL
邦題:スイミング・プール
監督:フランソワ・オゾン
脚本:フランソワ・オゾン
出演:シャーロット・ランプリング、リュディヴィーヌ・サニエ
配給:GAGA 2003仏

不思議な映画。途中から現実とヒロインが書き続けている小説とが融合し、その境目がなくなっていく。シャーロット・ランプリングがどんどん美しく変化していくのが不気味。おそらく私小説のようなものを書いているのだろうけど、自らを美化していく過程なのかもしれない。リュティヴィーヌ・サニエの性格も後半ではかなり変化している。てゆーことは、かなりラフな小説なのかな。プールが何を象徴しているのかすぐには判らないけど、始めは使いようのない汚れたカバーが掛けられた空間、中盤からはサニエがたゆたう「世界」の暗喩か。まあ、どうでもいい。それより、眩暈にもにた現実感喪失をさせていく「解釈可能性の高い映画」として高く評価したい。監督の思わせぶりが素敵。それほど理屈を捏ね回しての思わせぶりじゃなく、もっと「さあ、解釈する隙をつくったぞ」っていうレベルでの観客へ委ねる揺らぎが、さてさて、これは計算されてるのかな?オゾンの掌の上で転がされているのか、それとも、実は何にも主題が存在しないのか。夢オチのようなラストシーンの「どんでん返し風な」現実は真実なのか?でも小説世界で美化されたヒロインのままでラストシーンに存在しているシャーロット・ランプリング。これだと、現実であるはずのラストさえも虚構に思えてしまう。でも、現実を現実的に描くラストシーンだしね。冒頭のヒロインとラストのヒロインは、果たして同一人物なんだろうかな、って疑ってしまう。さて、どっちだ?

|

« 天使の肌 2003,10,5 | トップページ | ブルドッグ 2003,10,6 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7327392

この記事へのトラックバック一覧です: スイミング・プール 2003,10,6 :

« 天使の肌 2003,10,5 | トップページ | ブルドッグ 2003,10,6 »