« BAD BOYS 2BAD 2003,9,29 | トップページ | 天使の肌 2003,10,5 »

ファインディング・ニモ 2003,10,3

nimo 監督・原案・脚本: アンドリュー・スタントン
共同監督: リー・アンクリッチ

アメリカね。複雑なドラマを見せるとこんがらかって、スクリーンにマグナムぶち込んでしまうヤンキーにはぴったりの単純明快の父権回復、内省啓蒙、愛すべき御人好しの隣人、自己啓発な映画。すっごい危険かもしれない。この映画。でも面白い。どうしようもなくステレオタイプな登場キャラ。それぞれに必要十分な立ち所があるし、ベタな伏線がきちんと張られていて、破綻もなくサクサクとワクワクストーリーが進む。完全無欠ね。だからすごくいい映画なのに「フラ(落語&芸人用語辞典を見よ!)」みたいなのが、これまた計算づくで存在していて、思わず笑わされちゃうけど、嫌。ナチュラルじゃないんだもの。完全に計算しつくされて、計画しつくされた、あらかじめ用意された大自然っていう不自然さ、てゆうか、まあ映画だからあたりまえだけど。どうせ虚構なんだから。でもなんか釈然としない。アニメなんだから、って納得したいけどできない。あまりによくできてることへの嫉妬かもしれない。「モンスターズインク」の方が、完全架空の世界を舞台にしたファンタジーだったから、そのあたりの感情は起きなかったけど、「ニモ」は、いままさに、クマノミのパパが息子を太平洋で探してるかもしれないっていう、「まんま」の世界が舞台だから違和感がある。このモヤモヤを文字で伝えられないボキャ貧が悔しい。ま、楽しませてくれるってことでは一級品だから75点。日本語吹き替え版も見たい。けっこういいキャスティングしてると思う。

|

« BAD BOYS 2BAD 2003,9,29 | トップページ | 天使の肌 2003,10,5 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7327348

この記事へのトラックバック一覧です: ファインディング・ニモ 2003,10,3 :

« BAD BOYS 2BAD 2003,9,29 | トップページ | 天使の肌 2003,10,5 »