« g@me 2003,10,20 | トップページ | Love me if you dare. 2003,10,31 »

アイデンティティ 2003,10,30

iden 原題:IDENTITY
邦題:アイデンティティ
監督:ジェームズ・マンゴールド
脚本:マイケル・クーニー
出演:ジョン・キューザック、レイ・リオッタ
製作:スチュアート・ベッサー、キャシー・コンラッド
配給:2003 SONY

中盤あたりから、この映画のカラクリに気がついて、予測どおりに展開。あとは、シックスセンスのように追い込んでくれるかな、って期待。シドニー・シェルダンのお気楽本にも類似のテーマの作品もあったし、でもやっぱり映画ともなると、その表現方法に限界があるのかもしれない。カラクリに気づいた中盤のシーンも、鈍感な観客は別の意味を錯誤してしまうかもね。まあどうでもいいけど。他人のことは。で、オチなんだけど、クレジットが終わりきったあとのアレは何だろうって、そこだけ気になる。誰か解釈をして欲しい。アレはいったいどういう意図があるの?

|

« g@me 2003,10,20 | トップページ | Love me if you dare. 2003,10,31 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7327553

この記事へのトラックバック一覧です: アイデンティティ 2003,10,30 :

« g@me 2003,10,20 | トップページ | Love me if you dare. 2003,10,31 »