2018-014M 「GODZILLA 怪獣惑星」☆☆☆

Kaijuwakusei 邦題:GODZILLA 怪獣惑星
時間:90分
公開:2017-11-17
製作年度:2017
製作国:日本
配給:東宝映像事業部
製作総指揮:
製作:大田圭二
監督:静野孔文、瀬下寛之
脚本:虚淵玄
原作:虚淵玄
撮影:
音楽:服部隆之
出演:宮野真守(ハルオ・サカキ)、櫻井孝宏(メトフィエス)、花澤香菜(ユウコ・タニ)、杉田智和(マーティン・ラッザリ)、梶裕貴(アダム・ビンデバルト)
日本が誇る「ゴジラ」シリーズ初の長編アニメーション映画。巨大な怪獣たちが支配する2万年後の地球を舞台に、故郷を取り戻すべく帰還した人類の闘いを描く3部作の第1部。20世紀末、巨大生物「怪獣」とそれを凌駕する究極の存在「ゴジラ」が突如として地球に現われた。人類は半世紀にわたる戦いの末に地球脱出を計画し、人工知能により選ばれた人々だけが移民船で旅立つが、たどり着いた星は人類が生存できる環境ではなかった。移民の可能性を閉ざされた船内では、両親の命を奪ったゴジラへの復讐に燃える青年ハルオを中心とする「地球帰還派」が主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断。しかし帰還した地球では既に2万年もの歳月が流れており、ゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた……。「名探偵コナン」シリーズの静野孔文と、「亜人」の瀬下寛之が監督をつとめ、「PSYCHO-PASS サイコパス」の虚淵玄がストーリー原案と脚本を担当。「シドニアの騎士」「亜人」などセルルックの3DCGアニメーションを多く手がけるポリゴン・ピクチュアズが制作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-013M 「サマー・ドレス」☆☆☆

Summerdress 原題:Une robe d'ete
邦題:サマー・ドレス
時間:15分
公開:
製作年度:1996
製作国:フランス 
配給:ギャガ
製作総指揮:
製作:
監督:フランソワズ・オゾン
脚本:フランソワズ・オゾン
原作:
撮影:
音楽:
出演:フレデリック・マンジュノ
アホみたいな学生映画レベルなのだが、1996年のを階で思いっきりゲイをカミングアウトする作品を作っていたオゾンって。というか、ゲイ向けに、その世界からのオーダーによって作ったのか。謎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-012M 「ワンダーストラック」☆☆☆★

Wonderstrack 原題:Wonderstruck
邦題:ワンダーストラック
時間:117分
公開:2018-04-06
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:KADOKAWA
製作総指揮:ブライアン・ベル、サンディ・パウエル
製作:クリスティーン・ベイコン、パメラ・コフラー、ジョン・スロス
監督:トッド・ヘインズ
脚本:ブライアン・セルズニック
原作:ブライアン・セルズニック
撮影:エドワード・ラックマン
音楽:カーター・バーウェル
出演:オークス・フェグリー、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、ミリセント・シモンズ
「キャロル」のトッド・ヘインズ監督が、「ヒューゴの不思議な発明」の原作者ブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を実写映画化。2つの異なる時代を舞台に、それぞれ大切なものを探す2人の子どもの旅を独創的なタッチで描き出す。1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くした少年ベンは、母の遺品の中から、会ったことのない実父に関する手がかりを見つける。その50年前、1927年のニュージャージー。厳格な父に育てられる聴覚障害の孤独な少女ローズは、憧れの女優リリアン・メイヒューの記事を集めたスクラップブックを大切にしていた。ある日、ベンは父を捜しに、ローズは憧れの女優に会いに、それぞれニューヨークへ向かう。2人の物語は、やがて不思議な縁で結びつき……。原作者セルズニックが自ら脚本を手がけ、ローズのパートを白黒サイレント、ベンのパートを音声つきカラーで描くことで世界観の違いを表現。ベン役を「ピートと秘密の友達」のオークス・フェグリーが演じ、ローズ役には自身も聴覚障害を持つ新人ミリセント・シモンズを抜擢。2人をつなぐ人物を「エデンより彼方に」のジュリアン・ムーア、ベンの母親を「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のミシェル・ウィリアムズがそれぞれ演じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-011M 「死と父と息子」☆☆☆★★

Lamort 原題:La Mort, Pere & Fils
邦題:死と父と息子
時間:13分
公開:未公開
製作年度:2017
製作国:フランス
配給:
製作総指揮:
製作:
監督:ヴィンシュルス ドゥニ・ヴァルゲンヴィッツ
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:
死神の家族。父親の後を継ぐはずの息子は、死神になることを嫌がり、密かに守護天使になることを夢見ていた。しかしそのことが数々の不幸をもたらし、父親は、息子をなんとか正しい道へと引き戻そうとするが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-010M 「ラザール」☆☆☆

Lazare 原題:Lazare
邦題:ラザール
時間:27分
公開:未公開
製作年度:2016
製作国:フランス
配給:
製作総指揮:
製作:
監督:トリスタン・ロム
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:コズメ・カストロ、パオラ・ヴァランタン、レオ・プレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-009M 「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」☆☆☆★

Jumanji2018 原題:Jumanji: Welcome to the Jungle
邦題:ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
時間:117分
公開:2018-04-05
製作年度:2017
製作国:アメリカ 
配給:ソニーピクチャーズ
製作総指揮:デビッド・ハウスホルター、ジェイク・カスダン、ドウェイン・ジョンソン、ダニー・ガルシア、テッド・フィールド、マイク・ウェバー
製作:マット・トルマック、ウィリアム・ティートラー
監督:ジェイク・カスダン
脚本:クリス・マッケーナ、エリック・ソマーズ、スコット・ローゼンバーグ、ジェフ・ピンクナー
原作:クリス・バン・オールズバーグ
原案:クリス・マッケーナ
撮影:ギュラ・パドス
音楽:ヘンリー・ジャックマン
出演:ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケビン・ハート、カレン・ギラン、ニック・ジョナス、ボビー・カナベイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-008M 「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」☆☆★★★

Navynaaatisu 原題:Renegades
邦題:ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
時間:105分
公開:2018-01-12
製作年度:2017
製作国:フランス・ドイツ
配給:アスミック・エース
製作総指揮:
製作:リュック・ベッソン、ファエル・ベノリエル
監督:スティーブン・クォーレ
脚本:リチャード・ウェンク、リュック・ベッソン
原作:リュック・ベッソン
撮影:ブライアン・ピアソン
音楽:エリック・セラ
出演:サリバン・ステイプルトン(マット・バーンズ)、チャーリー・ビューリー(スタントン・ベイカー)、シルビア・フークス(ララ・シミッチ)、ジョシュア・ヘンリー(ベン・モラン)、ディアミッド・マルタ(カート・ダッフィー)、ディミトリー・レオニダス(ジャクソン・ポーター)、ユエン・ブレムナー(ジム・レイニー)、J・K・シモンズ(ジェイコブ・レヴィン少将)、クレーメンス・シック
古典的なアイデアのB級アクション映画。暇をみつけて100分程度をさくっと時間つぶしするだけの娯楽アイテムとして製造されたものかな。俳優もノーネーム。ウリはベッソンだけ。しかしベッソンの神通力もかなり低下しているだろうし。宣伝は困ったろうなぁ。大昔のコンバット的なPRもしてたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-007M 「イレイザーヘッド(リストア版)」☆☆★★

Ireizahed 原題:Eraserhead
邦題:イレイザーヘッド
時間:89分
公開:1981-09
製作年度:1978
製作国:アメリカ
配給:
製作総指揮:
製作:デビッド・リンチ
監督:デビッド・リンチ
脚本:デビッド・リンチ
原作:
撮影:フレデリック・エルムス、ハーバート・カードウェル
音楽:ピーター・アイブス
出演:ジャック・ナンス、シャーロット・スチュワート、アレン・ジョセフ、ジーン・ベイツ、ローレル・ニア、ダーウィン・ジョストン、ジュディス・ロバーツ、V・フィップス・ウィルソン、ジャック・フィスク、ジェニファー・チェンバース・リンチ
鬼才デビッド・リンチ監督のデビュー作。悪夢のような出来事に見舞われ正気を失っていく男を、全編モノクロ映像でつづる。フィラデルフィアの工場地帯。印刷工のヘンリーはある日、メアリーXから奇形の赤ん坊を産んだことを告げられる。まもなく二人はヘンリーの古いアパートで新婚生活を始めるが、メアリーXは赤ん坊の夜泣きに耐えられず家出。病気になった赤ん坊の看病に追われ、やがてヘンリーの頭には妄想がうずまき始める……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-006M 「ウィンド・リバー(原題)」☆☆☆★

Windriver 原題:Wind River
邦題:ウィンド・リバー(原題)
時間:107分
公開:未定
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:
製作総指揮:エリカ・リー、ジョナサン・ファーマン、ブレイデン・アフターグッド、クリストファー・H・ワーナー、ボブ・ワインスタイン、ハーベイ・ワインスタイン
製作:ベイジル・イバニク、ピーター・バーグ、マシュー・ジョージ、ウェイン・L・ロジャース、エリザベス・A・ベル
監督:テイラー・シェリダン
脚本:テイラー・シェリダン
原作:
撮影:ベン・リチャードソン
音楽:ニック・ケイブ、ウォーレン・エリス
出演:ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン、ギル・バーミンガム、ジョン・バーンサル、ジュリア・ジョーンズ、ケルシー・チャウ、グラハム・グリーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-005M 「キングスマン ゴールデン・サークル」☆☆☆★★

Kingsmangoldencircle 原題:Kingsman: The Golden Circle
邦題:キングスマン ゴールデン・サークル
時間:140分
公開:2018-01-05
製作年度:2017
製作国:イギリス
配給:20世紀フォックス映画
製作総指揮:マーク・ミラー、デイブ・ギボンズ、スティーブン・マークス、クラウディア・ボーン、ピエール・ラグランジェ
製作:マシュー・ボーン、デビッド・リード、アダム・ボーリング
監督:マシュー・ボーン
脚本:ジェーン・ゴールドマン、マシュー・ボーン
原作:マーク・ミラー、デイブ・ギボンズ
撮影:ジョージ・リッチモンド
音楽:ヘンリー・ジャックマン、マシュー・マージソン
出演:コリン・ファース(ハリー)、ジュリアン・ムーア(ポピー)、タロン・エガートン(エグジー)、マーク・ストロング(マーリン)、ハル・ベリー(ジンジャー)、エルトン・ジョン(本人役)、チャニング・テイタム(テキーラ)、ジェフ・ブリッジス(シャンパン)、ソフィー・クックソン(ロキシー)、ペドロ・パスカル(ウイスキー)、エドワード・ホルクロフト(チャーリー)
世界的ヒットを記録したイギリス製スパイアクション「キングスマン」の続編。イギリスのスパイ機関キングスマンの拠点が、謎の組織ゴールデン・サークルの攻撃を受けて壊滅した。残されたのは、一流エージェントに成長したエグジーと教官兼メカ担当のマーリンのみ。2人は同盟関係にあるアメリカのスパイ機関ステイツマンに協力を求めるが、彼らは英国文化に強い影響を受けたキングスマンとは正反対の、コテコテにアメリカンなチームで……。主演のエガートンやマーリン役のマーク・ストロングら前作のキャストに加え、ステイツマンのメンバーにチャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス、ハル・ベリー、謎の組織ゴールデン・サークルのボスにジュリアン・ムーアら豪華キャストが新たに参加。さらに、前作で死んだと思われていたコリン・ファース扮するエグジーの師ハリーも再登場する。前作に続き、「キック・アス」のマシュー・ボーンがメガホンをとる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-004M 「アポロンの地獄」☆☆☆

Aporon 原題:Edipo Re
邦題:アポロンの地獄
時間:104分
公開:1969-03-08
製作年度:1967
製作国:イタリア
配給:日本ヘラルド映画
製作総指揮:
製作:アルフレド・ビニ
監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ
脚本:ピエル・パオロ・パゾリーニ
原作:
撮影:ジュゼッペ・ルゾリーニ
音楽:ピエル・パオロ・パゾリーニ
出演:フランコ・チッティ(Edipo)、シルバーナ・マンガーノ(Giocasta)、アリダ・バリ(Merope)、ルチアノ・バルトリ(Laio)、アーメッド・バルハチミ(Polibo)、カルメロ・ベーネ(Creonte)、ジュリアン・ベック(Tiresia)
ギリシャの詩人ソポクレスの戯曲で有名なオイディプス王の伝説を、「奇跡の丘」のピエル・パオロ・パゾリーニが脚本を書き監督した。撮影はジェゼッペ・ルゾリーニ、音楽は既成の曲をパゾリーニ自身が選曲監修した。出演はフランコ・チッティ、「華やかな魔女たち」のシルヴァーナ・マンガーノ、「かくも長き不在」のアリダ・ヴァリ、アーメッド・バルハチミ、ジュリアン・ベック、カルメロ・ベーネなど。製作は、アルフレド・ビニ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-003M 「カサブランカ」☆☆☆★★★

Casablanca 原題:CASABLANCA
邦題:カサブランカ
時間:103分
公開:1946-06
製作年度:1942
製作国:アメリカ
配給:
製作総指揮:
製作:ハル・B・ウォリス
監督:マイケル・カーティス
脚本:ジュリアス・J・エプスタイン 、フィリップ・G・エプスタイン 、ハワード・コッチ  
原作:マーレイ・バーネット 、ジョアン・アリソン
撮影:アーサー・エディソン
音楽:マックス・スタイナー
出演:ハンフリー・ボガート 、イングリッド・バーグマン 、ポール・ヘンリード 、クロード・レインズ 、コンラート・ファイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-002M 「ガーディアンズ」☆☆★★

Gaurdians2018 原題:Zashchitniki
邦題:ガーディアンズ
時間:89分
公開:2018-01-20
製作年度:2017
製作国:ロシア
配給:ギャガ・プラス
製作総指揮:
製作:ウラジミール・ポリャコフ、サリク・アンドレアシアン、ゲボンド・アンドレアシアン
監督:サリク・アンドレアシアン
脚本:アンドレイ・ガブリロフ
原作:
撮影:マキシム・オサトチー
音楽:
出演:アントン・パンプシニ(アルスス)、サンザール・マディエフ(ハン)、セバスチャン・シサク(レア)、アリーナ・ラニナ(クセニア)、スタニスラフ・シリン(アウグスト・クラトフ)、バレリア・シュキランド(エレーナ・ラーリナ)
「クライム・スピード」のサリク・アンドレアシアン監督によるロシア産ヒーローアクション。冷戦下のソビエト。ある秘密結社の違法な遺伝子操作によって特殊能力を持った兵士を生み出し、超人集団を作る「パトリオット計画」が秘密裏に進行していた。しかし、その名声を独占しようとする組織の科学者クラトフの裏切りにより、研究所は爆破され、超人たちも姿を消す。それから50年後。自身も強力な力を持ち、超人となったクラトフはロシア崩壊を企んでいた。国家存亡の危機を防ぐため、パトリオットはかつての超人たちを見つけ出し、「ガーディアンズ」という名のチームを結成。集められた4人の超人は、失ってしまったアイデンティを取り戻すため、打倒クラトフを決意する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-001M 「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」☆☆☆★★

Varerian 原題:Valerian and the City of a Thousand Planets
邦題:ヴァレリアン 千の惑星の救世主
時間:137分
公開:2018-03-30
製作年度:2017
製作国:フランス
配給:キノフィルムズ
製作総指揮:マーク・ガオ、グレゴリー・ウェノン、JC・チェン
製作:ビルジニー・ベッソン=シラ
監督:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン
原作:ピエール・クリスタン、ジャン=クロード・メジエール
撮影:
音楽:アレクサンドル・デプラ
出演:デイン・デハーン(ヴァレリアン)、カーラ・デルビーニュ(ローレリーヌ)、クライブ・オーウェン(フィリット司令官)、イーサン・ホーク(ジョリー)、リアーナ(バブル)、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアー
「レオン」「LUCY ルーシー」のリュック・ベッソン監督が、「スター・ウォーズ」にも影響を与えたとされる名作SFコミック「バレリアンとローレリーヌ」を実写映画化。28世紀の宇宙を舞台に、銀河の平和を守るエージェントの男女が巨大な陰謀に立ち向かう姿を、壮大なスケールかつイマジネーション豊かに描き出す。西暦2740年。銀河をパトロールする連邦捜査官のバレリアンとローレリーヌは、あらゆる種族が共存する「千の惑星の都市」として銀河にその名を知られるアルファ宇宙ステーションを訪れる。しかしその深部には宇宙を揺るがす邪悪な陰謀や、歴史から抹殺されようとしていたある秘密が隠されていた。エージェントとしての腕は確かだが私生活ではいい加減なプレイボーイの主人公ヴァレリアン役を「アメイジング・スパイダーマン2」のデイン・デハーン、才色兼備の相棒ローレリーヌ役を「スーサイド・スクワッド」など女優としても活躍する人気モデルのカーラ・デルビーニュがそれぞれ演じる。共演にもクライブ・オーウェン、イーサン・ホーク、ルトガー・ハウアー、歌手のリアーナら豪華メンバーが顔をそろえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-247M 「RAW 少女のめざめ」☆☆☆★

Raw 原題:Grave
邦題:RAW 少女のめざめ
時間:98分
公開:2018-02-02
製作年度:2016
製作国:フランス・ベルギー
配給:パルコ
製作総指揮:
製作:ジュリー・ガイエ
監督:ジュリア・デュクルノー
脚本:ジュリア・デュクルノー
原作:
撮影:ルーベン・インペンス
音楽:ジム・ウィリアムズ
出演:ガランス・マリリエール、エラ・ルンプフ、ラバ・ナイト・ウフェラ
2016年・第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を受賞した、フランス人女性監督ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作品。厳格なベジタリアンの獣医一家に育った16歳のジュスティーヌは、両親と姉も通った獣医学校に進学する。見知らぬ土地での寮生活に不安な日々を送る中、ジュスティーヌは上級生からの新入生通過儀礼として、生肉を食べることを強要される。学校になじみたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にしたジュスティーヌ。その行為により本性があらわになった彼女は次第に変貌を遂げていく。主人公ジュスティーヌ役をデュクルノー監督の短編「Junior」でデビューしたギャランス・マリリエが演じる。遺伝的カニバリズム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017-246M 「(r)adius ラディウス」☆☆☆